• LAB recorders
  • Warner Music Mastering
  • Engneer
  • Other Works

history

1979年、夏
『 もっと自由に音楽制作ができる環境を、もっと自分達のエンジニアリングを最大限に発揮できるスタジオを創りたい 』
そんな想いのもと、MIXER'S LAB はスタートする
1986年、春
Studio Sound Valleyの設計プランニングを行い、エンジニア派遣を含んだ業務提携を始める
その後、パラダイススタジオ・ジャニーズスタジオ・AZABU O STUDIOの設計プランニング・業務提携を行う
1990年、初夏
自社スタジオ WESTSIDE を、世田谷にオープン
1996年、夏
西麻布に新設された Warner Music Recording Studio のプランニング・経営を開始
1999年
Warner Music Mastering の運営を担当
2000年、春
Warner Music Mastering の経営がMIXER'S LABに移行される
2004年、秋
自社レーベルを立ち上げ、音源の企画・制作を始める
2008年、秋
Panasonicのカーナビゲーション「Strada」における専用チューニング『音の匠』の開発協力をする
2011年、冬
西麻布のスタジオを、LAB recorders に名称変更
2011年、秋
本社を西麻布に移転
2012年、冬
LAB recorders に、C STUDIO が新たに誕生

アナログからデジタルへ、制作スタイルや音楽を楽しむスタイルは変化しても、その両方を熟知しているMIXER'S LAB

個性豊かなエンジニア陣は、音楽ジャンルや制作スタイルを選ばず、
深い経験を基とした卓越したレコーディングテクニックとともに、音楽心のわかるエンジニアリングを施します
都心に位置するレコーディング/マスタリングの両スタジオは、機能的であるだけではなく、
創造の場としての可能性と心地好い制作環境をご提供します

MIXER'S LABは、これからもレコーディングに関することはもちろん、
音と音楽に関するさまざまな文化やマーケットでのお手伝いをしていきます
また、発信基地ともなるような柔軟な発想力と積極的な行動力で、活動フィールドを日々広げていきます

back